途中で投げたアンプを・・

10年程前に製作途中で放置されていたアンプを解体した 再組立てして形にしよう。 シャーシーの全てのパーツ外し結晶塗料で再塗装(此れも残っていた塗料です)本音はアルミ板に傷が多く鏡面塗装すると目立ち過ぎ。 前回は電源別シャーシでしたが今回は実装する予定ですから電源トランス・マッチングトランスを載せるサブシャーシーを。 今日はこ…
コメント:0

続きを読むread more

送信管アンプはエージングが済んだ

4月末に完成した送信管 811ppアンプ は友人宅へエージングに出してました。 彼は毎日大型システムで長い時間音楽を聴いているのでエージングと鋭い聴覚の持ち主ですから駄目出しをお願いしてあります。 約一ヶ月何も問題無く経過し、次の作品も出来たので入れ替えてきました。 次のエージングは先日完成した EL-34pp です。 さて…
コメント:0

続きを読むread more

プリアンプを改造

以前に製作した真空管式プリアンプの出力回路を「トランス式平衡接続」可能に変更 平衡受け出来るパワーアンプは現在所持して無いが、いづれ作るでしょう。 トランスはゼネラルトランスの PMF5P-10K600CTです。 受注生産品ですから納期は覚悟していましたが在庫が在ったのか即納でした。 取り付け場所はシャーシーの空きスペースで検討…
コメント:1

続きを読むread more

EL-34三結PPアンプは完成

先日一応完成しているEL-34三結ppアンプは、4日間毎日5時間程試聴をして特に問題無かった。 本日もう一度特性測定して底板を取付完成とした。 再組立て前のシャーシー 外観は良くなったと思います。 アンプ構成 初段 12AT7(片ユニット) 12AU7A(ムラード位相反転) 6FQ7(カソードフォロアー) EL-3…
コメント:0

続きを読むread more

真空管アンプの配線 

EL-34三結PPアンプは先日シャーシーが完成し部品取り付けを始めた 器内配線をします 私は配線の色を決めています(都合で変更する場合もあります)    AC100Vライン  白色・灰色・黄色    ヒーター配線   青色    +B 配線    茶色・赤色・橙色 デカプリング度に色を変えてます    マイナス電源回路  紫…
コメント:0

続きを読むread more

シャーシーが出来た

先日より製作(と言うよりシャーシー交換)中のアンプのシャーシーが出来た 当初のレイアウトより僅か変わった部分もあるが加工は済みました やはり詰めが甘いのか部品取り付けするとぶつかる部分も出てきましたがまあ良いでしょう。 小さな部品から始め最後に大きなトランス等を取り付け さあ、明日から配線作業です。
コメント:0

続きを読むread more

レイアウト検討 その2

今日は日曜日・雨降りで仕事はお休みです シャーシー作り替えアンプのレイアウトが決まったので 新しいアルミ板に図面を書き込み穴あけ直前の状態です ここで再度検討 上の画像に編集ソフトで主な部品をコピペすると下の画像に 完成時のイメージです さあ、シャーシー加工・・これが結構大変です 今日はここまで …
コメント:0

続きを読むread more

レイアウト検討

シャーシー作り替えアンプのレイアウト検討 既に手元に在る木フレームに合わせたシャーシーを作る為今回は一寸手順が違います 画像から大きな部品をトリミングして配置・編集ソフトでレイアウトを決めます。 元のアンプ 並行して紙でサイズ等は検討しています 編集ソフトでほぼ決まった外観 今日はここまで…
コメント:0

続きを読むread more

更なるStayHomeで次の計画は

先日完成した811ppアンプは友人宅(超オーディオマニア)にダメ出しと、エージングを兼ねて修行に出しました。 さて、StayHome延長で次の計画を? しかし全く新たに製作するには手持ちに無い部品を通販で購入することになるが、現在超多忙な宅配便に不要不急の負担をかける事にもなるので止めます。 手元に在るアンプで40年程昔に…
コメント:0

続きを読むread more

直熱送信管アンプ 811pp 両ch 完成

片方チェンネルだけ完成していたアンプ、回路定数は決まっているからもう片チャンネルは速い。 半日で完成した!! 早速、動作確認、先に出来ていたチャンネルと殆ど同じデーターが取れたので一安心。 1時間ほど工房?(製作部屋)のモニタースピーカーで試聴する 特に異常ない事を確認して、再度データー取り問題無しOK 底板を取り付け完成…
コメント:0

続きを読むread more

直熱送信管アンプ 811pp その5

片チャンネルだけCR部品を取り付け音出しまで進んだ。 色々データー取りながら回路定数もカットアンドトライ  参考にさせて頂いたValves' Worldさんの回路とはトランス等の電圧が多少違うため必要な作業です。 回路図 ドライブ球EL-34のプレート電圧が無信号時と最大出力時では50V程変動するのが気になった、(当然です、…
コメント:0

続きを読むread more

直熱送信管アンプ 811pp 製作 その4

シャーシーに主な部品が実装されたので配線作業 私の手順は 先ず、シャーシ内部の写真を撮りA4に印刷して、配線を紙上で検討します。 配線実作業 1 アース母船(1.6mmの鈴メッキ線を使用) 2 AC電源回路 ACインレット スイッチ ヒューズ 等 3 電源トランス1次側→2次側(ヒーター配線) 4 出力トランス1次側→2次…
コメント:0

続きを読むread more

直熱送信管アンプ 811pp その3

シャーシの補強はLアングルを3本入れる事にした 出力トランスのシャーシー内銘板は入れられないが”良し”としましょう 大型部品の実装を済ませ 真空管を挿入して外観が見えて来ました。 この状態でヘルスメーターに載せたら27.1Kgあった でかい!!アンプだ・・・・
コメント:0

続きを読むread more

直熱送信管アンプ 811pp製作 その2

シャーシーの加工も済んで、木枠もできました。 真空管ソケット取付てみました。 重量の大きな部品は後から載せますが、シャーシーの中央が凹ま無い様に補強を入れないと・・ アルミLアングルを2本ほど・・  シャーシー表側の配置を優先すると → 補強を入れる場所が無くなる 考えたつもりですが実際に入れるとなると色々問題が・…
コメント:0

続きを読むread more

直熱送信管アンプ 811pp  

予てより計画していた送信管アンプの部品がほぼ集まったので製作を始めました。 直熱送信管811をpp動作です。 シャーシーにするアルミ板は厚さ2.0mm 幅500mm 奥行400mm かなり大きなアンプになります。 当初はモノラル構成で2台製作する予定でしたので、部品もそのように集めてあります。 当初のシャーシレイアウトです (…
コメント:0

続きを読むread more

6G-A4 pp アンプ  その5

6G-A4ppに戻ります 最終データーを取り調整完了とした。 回路図 (参考) 測定データー ノンクリップ最大出力 9.6w 8Ω THD1.8%  at 1kz ゲイン    22db  (NF6dB) ダンピングファクター  4.3 ON/OFF法 周波数特性  12hz ~ 30khz  -0.5dB以内…
コメント:0

続きを読むread more

EL-34 三結ppアンプ  その4

7月1日に???????で終了していた記事の続きです。 終段EL-34を挿入してテストしたら片チャンネルプレート・スクリーングリッド 共に電圧0v? プッシュプル上下共に同じ??? OUTPUTすべての巻き線が断線? そんなことは考えられない? 早速、外して解体したら驚きました 巻き線が無い このトランスはペアでなく個々…
コメント:0

続きを読むread more

6G-A4 pp アンプ その4

このアンプはブルーツースレシーバー・USB・SDカードプレーヤーを実装しています。 と云うより、ユニットが手持ちに在ったこととシャーシーに空きスペースがあったからです。 このユニットは幅5㎝と小さく更に赤外線リモコンも使えます 100均でアクリルの箱(5cmx5cmx5cm)を入手、深さを1.5cmに切り落とした・・ ユ…
コメント:0

続きを読むread more

6G-A4 pp 製作 その3

音出しまで完成しているアンプですが最後の追い込み。 計測器でのデーターで調整しますが最後は耳で調整になります。 自分の耳では「低音の重量感は良い・中高音域は他のアンプより良く鳴るなあ」と感じていました。 超マニアの友人宅に持ち込み評価していただきます。 彼はオーディオに関しては絶対お世辞を云わない人です、結構厳しい評価です。 …
コメント:0

続きを読むread more

6G-A4 ppアンプ製作 その2

今製作中のアンプは現在試聴中です。 正面は  (小さなつまみが動作mode切り替え) 後ろは  (真ん中が電源です) 上から  (OUTの間にあるヒートシンクはリップルフィルターの放熱用) 内部配線、汚くて恥ずかしいけど 電源部   (左右別電源・MOS-FETリップルフイルター・真ん中のSW電源はブルーツース…
コメント:0

続きを読むread more