光カートリッジ専用イコライザー内蔵プリアンプ(本番機)

試作が済んで本番機がほぼ完成した 回路構成は 試作と一部変わりました 初段   12AU7A   1/2 2段目 12AU7A   自己バランス型位相反転             右chは正相  左chは逆相で出力 ラインアンプ  12AU7A  直結カソードフォロアー 電源  手持ちの都合で一寸大きめですが  山水…
コメント:0

続きを読むread more

光カートリッジ用イコライザーアンプに挑戦、試聴記

試作の済んだ光カートリッジ専用イコライザーの試聴について今迄全く書いてなかった 私は加齢による難聴で高音域の聞き取りが難しい状態です、普段の会話でも補聴器が必要です でも、趣味のオーディオは”作る楽しみ”もあり続けています 光カートリッジを最初に聞いた感想は (私の耳以外に知人のオーディオマニアにも聞いていただきまし…
コメント:0

続きを読むread more

光カートリッジ用イコライザーアンプに挑戦 まとめ

追試されるのは自由ですが、自己責任でお願いします、メーカーに確認した訳でも無し、公開されている資料を基に私なりにまとめました(思い違いもあるかもしれません) 光カートリッジ専用振幅比例イコライザーの製作のまとめ ① カートリッジ投光用電源について   電圧は規格に記載が無いが瞬間でも5V以上加えない事、整流用ダイオードを  …
コメント:0

続きを読むread more

光カートリッジ用イコライザーアンプに挑戦 その⑦

産声をあげた光カートリッジ専用イコライザーアンプ 気を良くして次々とレコード再生していたら僅かに反った盤の場合ウーファーが勢いよく動く 5~6w程度のアンプで再生しているから良いが、ハイパワーのDCアンプ等で鳴らしているとウーファーを壊してしまう事も懸念される。 公開資料にも記載があるが  光カートリッジはDCまで再生してしまう、…
コメント:0

続きを読むread more

光カートリッジ用イコライザーアンプに挑戦 その⑥

カートリッジが届いた 大きな段ボール箱 2重に包装され更に中に宝石箱のように 「青柳代表」からのお礼状も同封されていた 専用シェルは予算が無かったからortofonを使用 早速アームにセットして、イコライザー接続 ターンテーブル&アームアース接続確認 さあ、電源"ON”カートリッジの緑色パイロットは点灯(カートリッジの…
コメント:0

続きを読むread more

光カートリッジ用イコライザーアンプに挑戦 その⑤

早速試作を開始 今回は出力部分から順次前段に進めることに 先ずはLINEアンプ部 この部分問題無く短時間に出来た、LINE入力より試聴して全く問題無い事確認 続いてイコライザーのアンプ部 初段を12AX7A 12AT7 12AU7A と変えてテストしたが 12AT7の時に時々変な発振が グリッドに入っている抵抗で一応止…
コメント:0

続きを読むread more

光カートリッジ用イコライザーアンプに挑戦 その④

イコライザーとカートリッジの接続が分かってきて、その気になっていた時に朗報が オーディオ仲間の先輩から「友人が所有している光カートリッジと専用イコライザーを試聴で借りれることになった」とメールが おー!!「イコライザー製作して、テスト・比較試聴も出来るこれは作るチャンス”今でしょ”と思い即始める事に でも、いきなり本チャン作るのは…
コメント:0

続きを読むread more

光カートリッジ用イコライザーアンプに挑戦 その③

振幅比例イコライザーは以前よりある程度分かっていたけど、光カートリッジを動作させるには? 接続は?  公開資料を見るまではわからなかった。 以下メーカー発表資料から読み取れた内容(おそらく間違って無いと思う) カートリッジとイコライザーの接続(メーカー発表の資料より) 投光用電源(イコライザーより)は+8Vから68Ω抵抗…
コメント:0

続きを読むread more

光カートリッジ用イコライザーアンプに挑戦 その②

振幅比例イコライザー回路でNETで検索すると数件ヒットする。 過去にMJ誌で紹介された回路 手作りアンプの会員 E氏の備忘録から 入力をEQ素子を通した後 DCアンプで増幅  左チャンネルは逆相で取り出す DS_Audioの公開資料を見ると   EQ素子は同じ回路です アンプ入力 Lchは反転入力に繋…
コメント:0

続きを読むread more

光カートリッジ用イコライザーアンプに挑戦 その①

2016年11月にDS_Audio製光カートリッジを聞く機会があった。 その時の感動は鮮明に覚えています。内心何時かは・・でも、あの価格では (OFF会の記事より) 後に入門モデルとしてDS-E1が発売になった。 射程距離圏内に入って来たかな? でもイコライザーとセットでは未だ届かない・・・ 今年3月にイコラ…
コメント:0

続きを読むread more

9RA6 csppは完成してます

暫く雑用が多く更新してませんでした。 前回シャーシ加工迄済んでいた9RA6csppアンプは完成しています。 出力もAritoさんの計算にほぼ等しい6.5wです 高域迄綺麗に伸び切れの良い音を聞かせてくれます。 今回はブルーツース受信ユニットも実装していますから、簡単にスマホ・タブレットに接続できます。
コメント:0

続きを読むread more

CSPPアンプ2作目 作業⑤

基盤等出来ているのでシャーシー加工 穴開けの済んだ2mm厚アルマイト処理済みアルミ板 前面とサイドは木で シャーシーと組付けの確認 後方から見ると ダイノックシートを貼りシャーシーを固定 今回は真面目に底板も作りました 今日はここまで
コメント:0

続きを読むread more

CSPPアンプ2作目 作業④

今日は雨降り仕事はお休み 製作途中のCSPPアンプのリップルフイルターを組んだ 今回はチョークコイルを使わずMOSFETリップルフイルターを左右別に入れることに LアングルにFETと小さな基盤を 電解コンデンサーが大きいから基盤に収まらず・・ バラックで動作確認済です さて、基盤類は出来たから残るはシャーシー加工です。…
コメント:0

続きを読むread more

CSPPアンプ2作目 作業③

計画中のCSPPアンプ2作目  レイアウト計画時の透明な箱?(赤色○)の中身は 此の箱に入れる基盤 ドライブ段用高圧+B電源回路です AC230Vを倍電圧整流、平滑回路を組み込みます 箱の中はケミコン ダイオード 抵抗です ケースは黒く塗ります 省スペース、感電防止です 今日はここまで
コメント:0

続きを読むread more

CSPPアンプ2作目 作業②

先日の低圧電源+初段回路基板(ブルーツース付き)はほぼ完成している 次はバイアス電源及び調整回路です 電源トランスのヒーター巻き線6.3Vを2回路シリースに接続したAC12.6Vから倍電圧整流して約30Vを得る 平滑後に抵抗とVRで分圧して15V±7V(調整可能) ここまで大きな容量のケミコンは必要ないけど・・在庫整理で…
コメント:0

続きを読むread more

CSPPアンプ2作目

年明け最初の更新になります 昨年末より準備しているCSPP2作目です レイアウトはこんな感じです、 中央に電源トランスを配置することで左右のクロストークが改善される 1作目と殆ど同じですが終段の球が違います、今度はMT管9RA6です 今度は回路別に基盤(ユニバーサル)にする予定です ①低圧電源+初段回路 ②バイアス…
コメント:0

続きを読むread more

ソフトドームツイーターの修理

この記事はメーカーでは推奨して無いと思いますから真似される方は自己責任でお願いします、又私に問い合わせされてもお答えしません。 先日サブシステムのスピーカー片チャンネルの高音域が出なくなった。 某メーカーのお馴染みのユニットです。 調べたらツイーターが片方鳴って無い、仮に別のツイーターを繋いだら正常に鳴ったのでツイーター不…
コメント:0

続きを読むread more

真空管アンプが続々と

明日は「手作りアンプの会」豊橋地区の試聴会です。 当日は私のメインとなっているスピーカー使います、しかしスピーカーを持ち出すには周囲にある真空管アンプを片付けないと出せません。 倉庫の空きスペースにアンプを運んで並べて見ました。 シングルアンプ7台 プッシュプルアンプ6台 他に画像には在りませんが明日発表するパワーアンプ2台と…
コメント:0

続きを読むread more

CSPP アンプ一部改造して最終測定

先日から音出ししているCSPPアンプ,友達オーディオマニアから「良いアンプだ」と好評です。 「音が前に出る」「立ち上がりが良い」「切れが良い」「低域の解像度が良い」等々CSPPの特徴 と 出力トランスBW-2K7Wの優秀さが出ていると思います 回路変更 終段を自己バイアスから 固定バイアスに変更する バイアス電源はトランスの…
コメント:1

続きを読むread more

CSPP アンプの配線

忙しい最中 僅かな時間に少しずつ配線作業作業を進めています。 途中のシャーシー内部 汚い配線ですね(-_-;) ユニバーサル基盤は初段及びドライブ段の+B電源回路になります。 この状態で一度通電してヒーターの点灯・+B整流電圧等確認して次の作業に進みます。 回路図 Aritoさんの参考設計データー A…
コメント:0

続きを読むread more