CSPPアンプの外観

今日は雨降りですから仕事はお休みです。 柿の収穫は雨降りは出来ません、作業する人も濡れますが濡れた柿は乾燥しないと箱詰め出来ないからです。 さて、製作中のCSPPアンプは先日完成したシャーシーに主な部品を実装して外観が見えて来ました。 出力トランスは ARITO's Audio Lab さんの BW-2K7W を使います。…
コメント:0

続きを読むread more

cspp アンプのシャーシー

現在製作中のCSPPアンプのレイアウトを決定し方眼紙に原寸大シャーシー加工図を描いた。 この図面を既に切断済みのアルミ板(アルマイト処理済み2.0mm厚)に張り付け、その上からポンチングする。 穴あけ加工(写真撮るの忘れました)の済んだシャーシーをコの字の曲げる(前面・後ろ面が出来る) 木でコの字形のフレーム枠を作り、ダイ…
コメント:0

続きを読むread more

電源トランスからの誘導

ARITO'sAudioLabさんの管球CSPP専用出力トランスBW-2K7Wと組合す予定の電源トランスからの誘導を測定してみた 測定方法は 電源トランス TANGO PH261 の一次側のみAC100v通電 出力トランスはなるべく大きな電圧を得るために 一次側 p1-p2 間の電圧をミリボルト計で測定 トランスのケースはアースす…
コメント:0

続きを読むread more

CSPPアンプシャーシーレイアウト検討

Aritoさんに確認してい頂いた回路で製作を進める事なったアンプのシャーシーサイズ・レイアウトを検討 ①真ん中に電源トランスとチョークコイルを配置 (このレイアウトは最近私のアンプに多く、シンメトリカルで安定感があると思う) サイズは幅240 奥行200 になる (横長シャーシー) ②電源部を後ろにもって行きアンプ部を…
コメント:2

続きを読むread more

811Appアンプがトラブル

昨日メインシステムとして使っている811Appアンプの右チャンネルのヒューズが飛んで動作しなくなった。 このアンプはモノラル構成のアンプを一つのシャーシーに組んでありますから左右は電源コード以外全て別です。 ヒューズ交換しても直ぐに飛ぶ、整流管抜いて通電しても飛ぶ? 早速底板開けて電源トランスの負荷を全て外して一次側だけ通電・・・…
コメント:0

続きを読むread more

電源トランスのローテーション

現在計画中のCSPPアンプに使う予定の電源トランスが他のアンプで稼働中 完成時の画像が見つからなかったので4年程前の試聴会で発表した時の画像です このアンプに欲しいトランスが載っている。 交換用トランスは一回り大きいが取り付けスペースは有りそうだ。 邪魔になる配線やパーツを外し、シャーシの開口部を拡大する。 画像撮るの忘…
コメント:1

続きを読むread more

cspp回路及び使用部品検討

2週間程暇な日が続きそうなので計画中のCSPPアンプの回路を検討している。 と、言ってもAritoさんの回路をそのままコピーですが。 終段は手持ち6GA4を選択しAritoさんのサイトよりデーターを参考に、ドライブ段もAritoさんの製作事例をそのまま。 電源は手持ちのトランスで使えそうな物を選択?・・・ でも、そのトランス現在…
コメント:0

続きを読むread more

CSPPアンプに挑戦

Aritoさんのサイトを読んでいてcsppアンプに興味を持った。 私にできるだろうか? 歳も取り思考力が弱ってきている、新しく覚えるより忘れる方が早い。 でも、一度は作ってみたい。 WEBサイトの最後にモニター募集があった。 当然だけど審査もある 耳も壊れている(感音性難聴)思考力も低下している(認知症はまだ無いつもり)古希を…
コメント:0

続きを読むread more

811Appアンプのトラブル

先日完成し長時間のエージングも済んで安心して鳴らしていた。 一昨日知人が遊びに来て鳴らしていた時に右から「パリッ・パリッ・・・」と異音がし、何か焦げ臭い。 急いで電源を切り、内部確認したら。 上図(初段及び位相反転回路)の右下電源ラインの5.6kΩが焦げていた。 この回路の電流値は10mA以下だから発熱も0.3w程度だけど・…
コメント:4

続きを読むread more

途中で投げたアンプを・・

10年程前に製作途中で放置されていたアンプを解体した 再組立てして形にしよう。 シャーシーの全てのパーツ外し結晶塗料で再塗装(此れも残っていた塗料です)本音はアルミ板に傷が多く鏡面塗装すると目立ち過ぎ。 前回は電源別シャーシでしたが今回は実装する予定ですから電源トランス・マッチングトランスを載せるサブシャーシーを。 今日はこ…
コメント:3

続きを読むread more

送信管アンプはエージングが済んだ

4月末に完成した送信管 811ppアンプ は友人宅へエージングに出してました。 彼は毎日大型システムで長い時間音楽を聴いているのでエージングと鋭い聴覚の持ち主ですから駄目出しをお願いしてあります。 約一ヶ月何も問題無く経過し、次の作品も出来たので入れ替えてきました。 次のエージングは先日完成した EL-34pp です。 さて…
コメント:0

続きを読むread more

プリアンプを改造

以前に製作した真空管式プリアンプの出力回路を「トランス式平衡接続」可能に変更 平衡受け出来るパワーアンプは現在所持して無いが、いづれ作るでしょう。 トランスはゼネラルトランスの PMF5P-10K600CTです。 受注生産品ですから納期は覚悟していましたが在庫が在ったのか即納でした。 取り付け場所はシャーシーの空きスペースで検討…
コメント:1

続きを読むread more

EL-34三結PPアンプは完成

先日一応完成しているEL-34三結ppアンプは、4日間毎日5時間程試聴をして特に問題無かった。 本日もう一度特性測定して底板を取付完成とした。 再組立て前のシャーシー 外観は良くなったと思います。 アンプ構成 初段 12AT7(片ユニット) 12AU7A(ムラード位相反転) 6FQ7(カソードフォロアー) EL-3…
コメント:0

続きを読むread more

真空管アンプの配線 

EL-34三結PPアンプは先日シャーシーが完成し部品取り付けを始めた 器内配線をします 私は配線の色を決めています(都合で変更する場合もあります)    AC100Vライン  白色・灰色・黄色    ヒーター配線   青色    +B 配線    茶色・赤色・橙色 デカプリング度に色を変えてます    マイナス電源回路  紫…
コメント:0

続きを読むread more

シャーシーが出来た

先日より製作(と言うよりシャーシー交換)中のアンプのシャーシーが出来た 当初のレイアウトより僅か変わった部分もあるが加工は済みました やはり詰めが甘いのか部品取り付けするとぶつかる部分も出てきましたがまあ良いでしょう。 小さな部品から始め最後に大きなトランス等を取り付け さあ、明日から配線作業です。
コメント:0

続きを読むread more

レイアウト検討 その2

今日は日曜日・雨降りで仕事はお休みです シャーシー作り替えアンプのレイアウトが決まったので 新しいアルミ板に図面を書き込み穴あけ直前の状態です ここで再度検討 上の画像に編集ソフトで主な部品をコピペすると下の画像に 完成時のイメージです さあ、シャーシー加工・・これが結構大変です 今日はここまで …
コメント:0

続きを読むread more

レイアウト検討

シャーシー作り替えアンプのレイアウト検討 既に手元に在る木フレームに合わせたシャーシーを作る為今回は一寸手順が違います 画像から大きな部品をトリミングして配置・編集ソフトでレイアウトを決めます。 元のアンプ 並行して紙でサイズ等は検討しています 編集ソフトでほぼ決まった外観 今日はここまで…
コメント:0

続きを読むread more

更なるStayHomeで次の計画は

先日完成した811ppアンプは友人宅(超オーディオマニア)にダメ出しと、エージングを兼ねて修行に出しました。 さて、StayHome延長で次の計画を? しかし全く新たに製作するには手持ちに無い部品を通販で購入することになるが、現在超多忙な宅配便に不要不急の負担をかける事にもなるので止めます。 手元に在るアンプで40年程昔に…
コメント:0

続きを読むread more

直熱送信管アンプ 811pp 両ch 完成

片方チェンネルだけ完成していたアンプ、回路定数は決まっているからもう片チャンネルは速い。 半日で完成した!! 早速、動作確認、先に出来ていたチャンネルと殆ど同じデーターが取れたので一安心。 1時間ほど工房?(製作部屋)のモニタースピーカーで試聴する 特に異常ない事を確認して、再度データー取り問題無しOK 底板を取り付け完成…
コメント:0

続きを読むread more

直熱送信管アンプ 811pp その5

片チャンネルだけCR部品を取り付け音出しまで進んだ。 色々データー取りながら回路定数もカットアンドトライ  参考にさせて頂いたValves' Worldさんの回路とはトランス等の電圧が多少違うため必要な作業です。 回路図 ドライブ球EL-34のプレート電圧が無信号時と最大出力時では50V程変動するのが気になった、(当然です、…
コメント:0

続きを読むread more