光カートリッジ用イコライザーアンプに挑戦 その④

イコライザーとカートリッジの接続が分かってきて、その気になっていた時に朗報が
オーディオ仲間の先輩から「友人が所有している光カートリッジと専用イコライザーを試聴で借りれることになった」とメールが
おー!!「イコライザー製作して、テスト・比較試聴も出来るこれは作るチャンス”今でしょ”と思い即始める事に
でも、いきなり本チャン作るのは問題が・・・
以前に作って放置してある真空管式チャンネルディバイダーが在った
これを回路変更してイコライザー付きプリアンプにすることに
IMG_1323.JPG
(チャンネルディバイダー時の画像が有りません)
電源部分はそのまま使えるから
先ずはラインアンプ部、ここはボリュームの後に入る部分ですから12U7Aまたは12BH7Aで良いだろう
NETで検索したら丁度良い回路にヒットしたので使わせていただいた
OIP.jpg

次にイコライザー部のですが、ゲインを一段で26dB程度取るに丁度良い球は12AT7を選択した、後ろには12AU7Aを使い右チャンネルはカソードフォロアー左チャンネルはPG帰還でゲインは1程度の位相反転回路を繋ぐことに
他にも差動増幅で正相と逆相で取り出す方法も考えらるが今回は止めた
光用フォノイコライザー付きプリアンプの回路
光EQ付プリ.bmp

カートリッジ用電源・バイアス電源が必要に
カートリッジ投光電源は6.3V巻き線を両波整流して約8Vを得る、バイアス用
-20Vは適当な巻き線が無かったので別に小型トランスを載せ18V巻き線を
ブリッジ整流した後にLM337で-20Vの安定化電源に入れる

さてこの回路でちゃんと動作するだろうか・・・




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント