光カートリッジ用イコライザーアンプに挑戦、試聴記

試作の済んだ光カートリッジ専用イコライザーの試聴について今迄全く書いてなかった

私は加齢による難聴で高音域の聞き取りが難しい状態です、普段の会話でも補聴器が必要です
でも、趣味のオーディオは”作る楽しみ”もあり続けています
IMG_1359.JPG


光カートリッジを最初に聞いた感想は
(私の耳以外に知人のオーディオマニアにも聞いていただきました)
メーカーホームページに多くのユーザーレビューが書かれています
同様な試聴感ですが上げてみます
*音の切れが良く、全帯域に渡り曖昧さが無い 
*高域が良く伸びている
*低音 ウッドベース等音階がはっきりしている
*静かな鳴り方 (ノイズ感が無い)
*超低域まで再生される為レコードの反りでウーファーが激しく動くことも有りサブソニックフィルターも有効
*最初は低域の量感が少ない感じがしたが、切れが良く音階がはっきりしていて付帯音が無いらその様に感じたと思う

*意外なことに(当然だけど)ヘットシェル・アーム・接続コードに受けた誘導ノイズ音がスピーカーセンターから聞こえず左右に散らばっている
誘導ノイズは左右同じ条件で受けるから同相でイコライザーに入力されるが、出力は片chが逆相になるためセンターにノイズ音像が出来ない
更に振幅比例のイコライザーは低域を減衰させる特性だから低い周波数のハムノイズは出難い
アンプのゲインも少ないのでハムレベルは非常に低い
聞こえるハムノイズ音はフルボリュームで僅か 「ジーーーー」 です


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント