直熱送信管アンプ 811pp 製作 その4

シャーシーに主な部品が実装されたので配線作業 私の手順は 先ず、シャーシ内部の写真を撮りA4に印刷して、配線を紙上で検討します。 配線実作業 1 アース母船(1.6mmの鈴メッキ線を使用) 2 AC電源回路 ACインレット スイッチ ヒューズ 等 3 電源トランス1次側→2次側(ヒーター配線) 4 出力トランス1次側→2次…
コメント:0

続きを読むread more

直熱送信管アンプ 811pp その3

シャーシの補強はLアングルを3本入れる事にした 出力トランスのシャーシー内銘板は入れられないが”良し”としましょう 大型部品の実装を済ませ 真空管を挿入して外観が見えて来ました。 この状態でヘルスメーターに載せたら27.1Kgあった でかい!!アンプだ・・・・
コメント:0

続きを読むread more

直熱送信管アンプ 811pp製作 その2

シャーシーの加工も済んで、木枠もできました。 真空管ソケット取付てみました。 重量の大きな部品は後から載せますが、シャーシーの中央が凹ま無い様に補強を入れないと・・ アルミLアングルを2本ほど・・  シャーシー表側の配置を優先すると → 補強を入れる場所が無くなる 考えたつもりですが実際に入れるとなると色々問題が・…
コメント:0

続きを読むread more

直熱送信管アンプ 811pp  

予てより計画していた送信管アンプの部品がほぼ集まったので製作を始めました。 直熱送信管811をpp動作です。 シャーシーにするアルミ板は厚さ2.0mm 幅500mm 奥行400mm かなり大きなアンプになります。 当初はモノラル構成で2台製作する予定でしたので、部品もそのように集めてあります。 当初のシャーシレイアウトです (…
コメント:0

続きを読むread more

6G-A4 pp アンプ  その5

6G-A4ppに戻ります 最終データーを取り調整完了とした。 回路図 (参考) 測定データー ノンクリップ最大出力 9.6w 8Ω THD1.8%  at 1kz ゲイン    22db  (NF6dB) ダンピングファクター  4.3 ON/OFF法 周波数特性  12hz ~ 30khz  -0.5dB以内…
コメント:0

続きを読むread more

EL-34 三結ppアンプ  その4

7月1日に???????で終了していた記事の続きです。 終段EL-34を挿入してテストしたら片チャンネルプレート・スクリーングリッド 共に電圧0v? プッシュプル上下共に同じ??? OUTPUTすべての巻き線が断線? そんなことは考えられない? 早速、外して解体したら驚きました 巻き線が無い このトランスはペアでなく個々…
コメント:0

続きを読むread more

6G-A4 pp アンプ その4

このアンプはブルーツースレシーバー・USB・SDカードプレーヤーを実装しています。 と云うより、ユニットが手持ちに在ったこととシャーシーに空きスペースがあったからです。 このユニットは幅5㎝と小さく更に赤外線リモコンも使えます 100均でアクリルの箱(5cmx5cmx5cm)を入手、深さを1.5cmに切り落とした・・ ユ…
コメント:0

続きを読むread more

6G-A4 pp 製作 その3

音出しまで完成しているアンプですが最後の追い込み。 計測器でのデーターで調整しますが最後は耳で調整になります。 自分の耳では「低音の重量感は良い・中高音域は他のアンプより良く鳴るなあ」と感じていました。 超マニアの友人宅に持ち込み評価していただきます。 彼はオーディオに関しては絶対お世辞を云わない人です、結構厳しい評価です。 …
コメント:0

続きを読むread more

6G-A4 ppアンプ製作 その2

今製作中のアンプは現在試聴中です。 正面は  (小さなつまみが動作mode切り替え) 後ろは  (真ん中が電源です) 上から  (OUTの間にあるヒートシンクはリップルフィルターの放熱用) 内部配線、汚くて恥ずかしいけど 電源部   (左右別電源・MOS-FETリップルフイルター・真ん中のSW電源はブルーツース…
コメント:0

続きを読むread more

暫く更新して無かった。今年最初の記事になるのかな?

色々と用事が多くて更新忘れていた。 置き場所に困っていたアンプをNETオークションで10台近く処分した。 落札いただいた方々本当にありがとうございました。 大分整理出来ましたが、まだまだ沢山の部品が残っています。 そのまま部品でオークションに出せば良いのですが、製作を計画して集めた物ばかりです、形にしで納得してから処分することに…
コメント:0

続きを読むread more

専用BOXも発売された

FE103A専用ボックスが今月発売された YK103Aです タモ無垢材使用、側面はアクリルでユニットが見える。 価格も凄い 1本70,000  左右1セットで¥210,00(税別)かー?
コメント:0

続きを読むread more

凄いユニットだ

箱の中は大丈夫な様なので早速開けて見た。 おーーー 光り輝いている!! 取説は付属して無い、カードのQRコードでアクセスすると見ることが出来る。 バッフルとの間に入れるガスケットは付属しているが、取り付けビスは無い。 でも、このユニット包装用木箱に入れたまま鑑賞用で十分だと思うなー・・? ユニットボックスに入れたら前面…
コメント:1

続きを読むread more

GET

最近、難聴も酷くなり、断捨離の歳にもなったので、数多く在る真空管アンプを整理してNETオークションに数台出品してお小遣いが出来た。 タイミング良く某大手ネットショッピングサイトからDMが入る?? 気になってクリックしたら、更にメールが来るようになった?? この時点で既に蟻地獄に。 「お小遣いも出来た事だし、まあ良いか」”ポチッ”…
コメント:0

続きを読むread more

MC用ステップアップトランス

現在使用中のイコライザーアンプはMCカートリッジ用ステップアップトランスが実装されている。 イコライザーアンプは他にもあるがMMしか対応して無い為、MC用ステップアップトランスが必要になることがある。 以前より気になっていた製品で価格も比較的安い。 6月下旬、価格が下がったので”ポチッ”しました。 ケースはアルミダイ…
コメント:0

続きを読むread more

デジタルアンプ

先日Amazonnで商品検索していたら 「50Wx2 Bluetooth 4.1デジタルアンプモジュール 」がちょっと気になった。 価格も¥1398で送料は無料 見た瞬間にポチしてました。 早い!!2日後には品物届きました。(中国から出荷と思いましたが、国内に在庫あった様です) 基盤 と アクリルカバー のセットです …
コメント:0

続きを読むread more

EL-34 三結ppアンプ  その3

仕事の関係で製作が一時止まっていましたが、再開しました。 配線・小物パーツ類の取り付けは済、残りはバイアス調整回路部のみとなっています。 このアンプは終段の球が6G-A4(自己バイアス) EL-34(固定バイアス)の切り替えが出来る様にしています 放熱板にカソード抵抗 バイアスボリューム 切り替えリレー等実装して取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EL-34 三結ppアンプ  その2

シャーシー加工が済んで内部配線。 本業が忙しくなりあまり進んでない。 最初は電源トランス1次側と2次側ヒーター配線(画像は1次側未配線) 此処で真空管を挿入して通電してヒーターの点灯を確認 真空管周りのコンデンサー・抵抗類の接続配線 この作業は未だ途中ですが、暇を見つけてはコツコツと。 この時間が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EL-34 三結ppアンプ

おもちゃ箱を整理していてら電源トランスサンスイP-44Bが2個出てきた。 アウトプットトランスTANGO  が一個ある。 此のままでは足りない オークションのウオッチ情報が入った出品された、しかも未使用品で1個だ。 これは是が非でも落札したい、少し高くなったが最後まで頑張ってGET アンプ構成は 終段 EL-34(T)PP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンプの実力測定

先日完成した6GB8シングルアンプの実力測定を実施しました。 完成調整後のデーターを残して置く事で以後トラブルが発生した時に判断が早い。 入出力特性  1khz信号 8Ω負荷  クリップ直前の出力12.5W (8Ω) 周波数特性    1W出力時   10hz ~ 20Khz -1.0dB以内 歪率特性   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

解体&組み直し

先日解体したアンプのシャーシーを一部開口等変更して再塗装 黒色結晶塗料で仕上げました 初めて使う塗料です、失敗もありますが自分用ですからOKとします。 序にトランス類もグレーの結晶塗料で仕上げました。 後に自分がインフルエンザに感染しダウン。 3日間寝ていました・・ 病状も回復し続きの製作開始 先ずは部品取…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more