市民館祭りに

校区の市民館祭りが実施されました。 皆さんの作品展示や演芸発表が行われます。 私も手作りオーディオを出品させていただきました。 写真・書・絵・生け花等を展示している会場のBGMを兼ねて300Bシングルアンプを展示。 音源はタブレットからAmazonミュージックを演奏。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

このアンプも改造

数年前に製作し何故かほとんど通電してないアンプが在ります。 特に問題は無いのですが好きになれず、其のまま放置。 手持ち部品整理の為このアンプを改造する 1 電源トランスを容量の大きな物に変更。(外したトランスは他に使用) 2 出力管を変更(外した球は他で使用) 3 ドライブ管は変更 (先輩が譲ってくれる球を期待して) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンプの体力測定

アンプが 出来ると必ず測定をします。 回路が正常に動作している事の確認に電圧電流は当然ですが。 低周波信号を入れて各種測定をします。 先日完成した 6BM8 三結 pp アンプ 入出力特性 (此れにより最大出力やリニアリティーが分かります)        ノンクリップ出力は3.4w付近でしょうか。 周波数特性。(コン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年最初の完成

一昨日より改造していたアンプが完成した。 内部配線は汚いので少しボカして・・ 真空管構成  初段 6267 位相反転6BM8(T)差動  終段6BM8三結PP 簡単にデーター取り 出力 3.9w+3.9w 歪率2% 1khz ダンピングファクター 2.8 on/off法 周波数特性 12hz~45khz …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も早速・・・

お正月、お客さんや孫たちも帰ったので昨夜から早速ゴソゴソと始めました。 余り気に入ってないアンプ、 その後もヒーター電源を変更 https://kaki1074.at.webry.info/201607/article_4.html しかし、昨年末のお寺大会用アンプに球を使ってしまったし、一部部品取りになっていたので解体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もよろしくお願いします。

平成最後の年、5月からは元号も変わり新たなスタートを迎える年が始まりました。 私の手作りオーディオも昨年は色々な物を製作しました。 スピーカー2基 パワーアンプ5台 プリアンプ1台 あります。 一昨年の試聴会で「低音が出て無い」と指摘を受けたスピーカーを「ALTECフロントロード」から「JBLバスレフ」にボックスは其のまま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

受賞しました

手作りアンプの会年末恒例「お寺大会」に参加してきました。 今年のテーマは「重量分け真空管アンプ大会」です。 私も先日完成したアンプを出品デザイン賞をいただきました。 皆さん力作揃いです。素晴らしい音のアンプ・凄いダイエット作品・全く思いつかない方法等々楽しく勉強させていただきました。 少し写真撮って来ました。いずれ会のホーム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出品アンプが完成

手作りアンプの会で年末恒例の大会が12月29日に開催されます。 今回のテーマはは「重量分け真空管アンプ」 https://tezukuri-amp.org/shibu/kantou/otera/2018winter/annai/annai2018w.html 今回エントリーする作品は トランスカバーが見覚えの有る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LCRイコライザーの視聴

今日、午後からオーディオ仲間の先輩が来宅。 早速、新作のLCRイコライザーの視聴をしました。 最初にボーカルのLPを再生。    ボーカルが浮び上がって聞こえる。    セパレーションが良い。 JAZZのお馴染みのLPを3枚ほど聞いて。    低域のエネルギー感凄い。    空気感が良い。    超低域の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LCRフォノイコライザー完成

基盤だけ完成していたイコライザーユニットを既存プリアンプを改造して組込みます。 完成しているイコライザー基盤 基盤をシャーシーに組み込み確認 左下黒い部品はMCステップアップトランス。 右上縦の基盤はVUメータードライブ基盤。 右下水平取り付け基盤(真空管2本)は 既存のラインアウト基盤 6DJ8 srpp ライ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LCR形フォノイコライザー

究極のイコライザーアンプとも云われている"LCR形"を以前から計画していました。 製作のネックとなる部品がコイルです。 以前に「タンゴ」から発売されたことも有りました。 現在はノグチトランス販売(現在はゼネラルトランス販売)や橋本トランスからも販売されています。 貧乏マニアの私が手を出せるのはノグチトランスのコイルになります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テーマ、アンプ

趣味の会で毎年行われる大会があります。 今年にテーマは「真空管アンプ」ですが、条件が・・?「3kgを境に競う事に。」 簡単なアンプでも電源トランスと出力トランスを実装すれば3kgを超えてしまいます。 3kg超えのアンプなら「超ド級」でないとインパクトが無い。 遠方から参加するには軽量級狙いか。 早速、計画して必要と思われる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原因は

通電4~5秒後にスパーク音 原因が判明しました。 ハムバランサーです。中国製のハムバランサーです。 画像で分かる通り抵抗体の絶縁物が一部ありません。 ボディーはアルミです、抵抗体との絶縁はポリエチレンフィルムだけです。 陰極電位が150v位に(ピークは200v超え)なると絶縁不良を起こすらしい。 元々耐圧が無いか?いや、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真空管アンプで聴くレコードコンサート

今日は市民館の高齢者ゼミナー「真空管アンプで聴くレコードコンサート」のお手伝いを実施してきました。 参加者は二十数名でご高齢の女性が多かった。 オープニングには昭和の歌謡曲で始め次に私が「本日のシステムを簡単い説明し何故レコードか・・」をお話しして。 皆さんが持ち寄ったレコードを次々と演奏。 皆さん肩こそ揺すって無かったが爪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロフチンホワイト 300Bパラシングル その2

組みあがったアンプの最初の通電です。 何回やってもこの時は緊張します。 以下、手順です。(配線チェック、テスターによるチェック済) 1 +B整流回路だけ配線を外して通電。真空管のヒーターが全て灯ることを確認。 2 +B回路接続し、終段のみ真空管を抜いて通電 初段からドライブ段までの各電圧を確認。 3 オシレーターの信号を入力して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロフチンホワイト 300Bパラシングルアンプ

このアンプは半年程前に計画し部品集めしてました。 終段は今話題となっている PSVANE 300B をパラレルにしてシングル動作とします。 ロフチンホワイトアンプ(ロフチンさんとホワイトさんという2人の米国人によって1929年に発表された回路です。)は終段とドライブ段が直結になっている為音の良いアンプが出来る事で知られていますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末の大会準備

手作りアンプの会恒例の「お寺大会」今年の課題は。 ***************************************** 冬の大会テーマは、クラス別真空管アンプ大会です。 クラスは、3キロ以内級と3キロ以上級の2クラスです。 3キロは、インピーダンスではありません(笑)。重量です。 ***************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エッジレスウーファー

Fostex製品に昔エッジレスウーファー SLE20W が有りました。 先日ネットオークションで入手したのでシステムとして組むことに。 ボックスは使わなくなったオーディオラック(板暑30mm)を高さ600mm部分で水平に切る、幅が600mmあったのでセンターで縦半分に切る。 2本ともこの加工をして4っつの”L”字になった物の片…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学校のラジオつくり体験

今年も恒例の小学校の「親子ものつくり体験」が実施された。 私は6年生を対象にした簡単なラジオつくりを指導しました。 製作に使用したラジオKITはラジオ少年から販売されているIC+TRラジオキット 型番 KIT-16Jr です 最初に注意事項を説明して製作開始 小さな部品をひとつづつ丁寧に組み付けて行きます。 早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピーカー完成

1月頃にほぼ出来ていたスピーカー(Fostex ff125wk + ft-17H)を仕上げた。 先ずはネットワーク クロス 7,000hz -12dB/OCT を板の上に組み立て コイルは手持ちコイルを戻して目的のインダクタンスに調整 コンデンサーも合成で作る ダミー抵抗で特性測定、7,000HZで-6dBクロスしているこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more